CTIおもてなし電話®

CTIとは

Computer Telephony Integrationの略で、電話とコンピューターを連携させ、電話が鳴ると同時に電話をかけてきた人の情報が表示されるサービスです。

導入メリット

紹介動画

おもてなし電話®でできること

おもてなし電話パソコンでの表示画面
お客様情報・注文内容などが電話が鳴った瞬間にわかる。
着信と同時に、お客様の情報をお手持ちの端末に表示。大事な機会を逃しません。
自由項目はカンタンにカスタマイズ。
導入事業所限定の項目は、オプション料をとる他サービスとは違い、カンタンに自由に無料で作成できます。
本店・支店間で情報を共有。
CTIサービスの導入は拠点ごとですが、情報は統合するため拠点が違っても着信情報を共有できます。
着信検索・顧客検索も。
着信履歴はワンクリックするだけ。CSVの書き出しも可能です。顧客情報検索は、名前などのキーワードからも検索でき、容易に確認や修正いただけます。
タブレットやスマートフォンでも。
パソコンに限らず、タブレットやスマートフォンでもご利用いただけます。端末台数の制限は無し。誰も事業所にいないときでも安心、外からいつでも確認できます。
※同時接続をする際、表示速度の保証は20台までです。

導入事例

製造販売業の事例

我が社には1日に60~80件ほどの電話が入ります。電話の取り次ぎにかかる時間を1回30秒だとすると、1カ月で15時間程の時間が短縮できていることになります。また、このシステムは、過去の取引内容などがすぐに呼び出されるのでスムーズに商談に入れる営業担当にとっては、業務効率アップにつながったようです。何よりお客さまのストレスが減ったのではないかと思われ、信用重視の我が社では最適のシステムです。

不動産管理業の事例

アルバイトや新人、どのようなスタッフでもオーナー様のことを分かったうえで電話に出ることができれば、他社にはないサービスで差別化できると考えました。お名前や管理物件といった情報が着信と同時にPCに表示されるので、確認が不要となり「○○様お電話ありがとうございます。担当の△△に代わります!少々お待ち下さい!」とご案内がスムーズになりました。オーナー様からも数ある管理会社と比べても格段に対応がいいし、自分のことをよくわかってくれていて嬉しいとお喜びいただいています。

歯科医院の事例

業界の無断キャンセル率は一般的に8%、優秀な歯科医院では5%と言われています。当院のキャンセル率は少し高く、どうにかしたいと考えていました。おもてなし電話®を導入してからは、患者のキャンセル率を登録しておくことでキャンセル率の高い人を予約の少ない時間帯へ誘導するなどしたところ、業績がアップしました。

他社システムとの比較・特徴

おもてなし電話®A社B社C社
サービスタイプクラウド型クライアント
サーバ型
クラウド型クラウド型
対応OS問わずWindowsのみWindowsのみWindowsのみ
サーバー設置の有無
着信履歴
項目の自由度×××
迷惑電話チェック×××
鳴り分け×
システム連携
価格初期:10万円
月額:9,800円
※ライトプラン
定価100万円初期:113万円
月額:3,780円
年間保守:25,200円
※構成により異なる
初期:構成により異なる。
月額1,500円

基本のサービスプラン

月額費用初期費用(機器)初期費用(工事)
ライトプラン9,800円200,000円15,000円
プロプラン100,000円19,800円30,000円
  • 本サービスは年契約です。
  • 本サービスを利用するにあたり、電気通信事業者(NTT等)が提供するナンバーディスプレイの契約が必要になります。
  • 初期費用として、機器代や初期設定費、工事費がかかります。
  • 機器の設置には電話工事業者が伺います。
あんしん保証
サービス
(CTIアダプタ)
月額480円
  • 1年のメーカー保証がつきます。(修理時はセンドバックとなります)
  • 購入後、2年以内に入れるサービスです。
  • おもてなし電話®で利用するCTIアダプターが壊れた際に、最大で年1回まで、無償で新しいものと交換するサービスです。
  • なお、下記の場合は保証対象外とさせていただきます。
    紛失、盗難、自然災害(地震など)、対象範囲以外の原因による破損、改造・加工、自然消耗・さび、二次損害